竹内孝志

 

孝志

幼少より、地元”諸田八幡神社”に古くから伝わる太鼓踊りの音色に親しみ、舞台芸能としての和太鼓に目覚める。様々なグループで和太鼓演奏に情熱を傾け、2004年22歳で独自の世界を表現したいという強い思いから独立。太鼓打ち竹内孝志として活動を始める。篠笛、尺八、琴、三味線などの和楽器から、ドラム、ギター、DJ、オペラ、よさこい踊り、など様々なジャンルの音楽とコラボレーション師、和太鼓の新たな可能性に挑戦を続ける。2005年より、太鼓ユニット我龍–garyu–を主催し、生まれ育った豊かな山々の自然を表現した演目を多数製作。無駄のない流麗な所作から繰り出される音色は、和太鼓の枠組みにとらわれない情感豊かな響きを持つ

略歴

98年『福山達磨太鼓有磨鼓遊会』入団
99年『広島鼓遊会』 結成
00年『慈音』(太鼓センター広島代表大野氏) 入団
01年『石見の風』(今福優氏)打ち手として参加。同年『我楽太』 入団
02年『慈音』『我楽太』 退団
03年『JDO一路』(時勝矢一路氏) 打ち手として参加   『広島鼓遊会』 引退
04年『太鼓打ち 竹内孝志』 として活動を開始   『太鼓打ち 鼓雷刄』 結成
05年『太鼓ユニット 我龍-garyu-』 結成    太鼓教室『十五鼓乃会』 結成

99年韓国大抵市 開戦50周年記念平和式典参加
04年広島県民文化祭 優秀賞受賞
05年高知よさこい祭り 金賞受賞
06年高知よさこい祭り 優秀賞「豪」受賞
07年穴吹医療福祉専門学校非常勤講師として太鼓指導
10年太鼓教室『福山鼓乃会』 結成
13年犬島ハウスプロジェクト【川埜龍三氏】テーマソング制作に参加